歯の黄ばみ解消【歯を白くする】方法、最安値は直輸入にあり

歯の黄ばみ解消(歯を白くする)最新、最安値の方法と情報

ホワイトニング坊や

「歯の黄ばみを解消したい、歯を白くしたい、自宅でホワイトニングをしたい」。

 

でも歯医者さんに行けば費用はかなりかかると聞いているし、どうしようかな?とお悩みの方、いい情報です!

 

 

アメリカではごく普通にできるホームホワイトニング、日本でもお試しでお安くできるようになりました。ビーグレンデンタルで送料無料1980円です。
 
早速買ってみました。お試しセットです。注文方法はネットで簡単、今だけの特別価格です。
 

 

ビーグレンデンタルのトライアルセット

 

実は日本でも歯を白くしたいと思っている人、年々増えています。オールケア&ホワイトニング市場が広がっています。

 

ホワイトニング関連用品 【口腔ケア用品】売上。
2013年54億円2014年57億円、2015年59億円、2016年60億円超え。2020年には70円億以上が予測されます。

 

 

これは、日本の国際化、2020年の東京オリンピック・パラリンピックとも関係しています。日本は、先進国の中でも歯に対する意識が低いと言われてきました。歯のホワイトニングに関してそれほど気にしない国民でした。
 
一方、アメリカでは国民の歯に対する意識が高く、オーラルケア商品が一般家庭にも普及しています。これは「歯の汚さは貧しさの象徴」と言われるほど、歯に対する意識が高いので、ホワイトニングには気を配ります。これが日本にも流布してきたとも言えます。
 
日本でも従来からホームホワイトニングジェルは発売されてきましたが、ビーグレンは2016年2月にビーグレンデンタルをスタートさせ、5月に世界にひとつだけの「ホワイトニングジェル」を発売しました。

 

ビーグレンデンタルのトライアルセット

 

 

 

従来商品よりも明らかに違う歯の白さを提供する「ビーグレンデンタルホワイトニングジェル」はアメリカから国際郵便(メールプラス便)で直接自宅まで、“個人輸入”という形で届けます。
 

詳しい内容は公式サイトから↓ ↓ ↓ 

 

https://www.bglendental.com/


 


歯の黄ばみ解消(歯を白くする)ために知っておきたい歯の構造について

ホワイトニング坊や

 

歯の黄ばみが気になる、歯の白くしたいと思って歯医者に行く。ホワイトニングジェルを買う。ホワイトニングに関しては知識を得ることも、行動に移すことも少ない日本人ですが、まずは歯の構造を知ってください。
 
歯はエナメル質、象牙質、歯髄、セメント質、歯根膜に分かれます。
 
 
 
歯の表面は滑らかだと思っている人が多いですが実際は凹凸や隙間がいっぱいです。拡大顕微鏡で見るとよくわかります。爪楊枝の束のように小柱がまとまった構造になっています。


歯の黄ばみ、歯の変色はどうして起こるの?その原因は?

ホワイトニング坊や

歯の黄ばみ嫌ですね、でも心当たりはありますよね。考えてみましょう。
 
1.歯をよく磨かないで寝てしまう、歯の手入れ不足
2.コーヒー、紅茶、ワインをよく飲む。タバコも吸う
 
これでは歯も黄ばみます。上記のことは外因性ですが、内因性と呼ばれるものもあります。
 
1.神経を抜いた歯は色が悪くなります
2.年齢を重ねると徐々に歯は黄色く、黒ずみます
3、フッ素の影響でも歯はくすみます

 

 

 

 

 

 

 


歯の黄ばみ解消(歯を白くする)ための方法はどんなものがある?

ホワイトニング坊や

 

歯の黄ばみ解消する、一般的な方法を紹介します。
 
1.歯を塗ります
歯を削らずに歯の上からコート材を塗布します
 
2.歯をかぶせる
歯の表面を0・57ミリ程度削り、セラミックを被せる治療法です。
 
3.歯を漂白する
過酸化物を用いて着色物質を漂白する方法です。歯科医院で行うオフィスホワイトニングと自宅で行うホームホワイトニングがあります。

 


歯の黄ばみ解消(歯を白くする)ホワイトニングのメカニズム

ホワイトニング坊や

ホワイトニングのメカニズムを紹介します。
 
1.歯が変色した状態から
 
2.過酸化水素または過酸化尿素で色素分解します。
 
3.ホワイトニング後白くなります。
 


歯の黄ばみ解消(歯を白くする)商品は日本にありますか

ホワイトニング坊や

 

歯の黄ばみ解消商品、歯を白くする商品は日本でもたくさん売られています。
 
全国展開する薬局チェーン店に行ってみてください。歯ブラシや歯磨き粉の近くにホワイトニング商品が意外とたくさん陳列されているのに気がつくでしょう。
しかし、歯ブラシや歯磨き粉と違い、商品名は浮かばないのではないでしょうか。
 
理由はマスコミで宣伝していないからです。歯磨きで歯を白くするCMは従来からありますが、ホワイトニングジェルで歯の黄ばみを解消する、歯を白くするCMを私はしりません。
 
推測ですが、アメリカでは30年前から売られているホワイトニングジェルは日本の薬事法では売れないことが関係しているのではないでしょうか。
 
ですから、ビーグレンは日本市場に目をつけ、個人輸入の形でホワイトニングジェルを販売しました。
 
日本でもビーグレンデンタルほどではありませんが、歯を白くするホワイトニングジェルは販売されています。比べてみればどちらが効果があるのか、わかるでしょう。

 

製品名 メーカー(原産国) 主な成分 備考
NITEホワイト・エクセル 3g デンツプライ(アメリカ) 過酸化尿素10% 増粘剤等 認可(日本初厚生省認可品)
ハイライト シェードアップ 3g  松風(日本)

 
過酸化尿素10% 増粘剤等

認可
オパールエッセンス 1.2mL ウルトラデント(アメリカ)

 
過酸化尿素10% 増粘剤等

認可
ティオンホーム 2.5mL ジーシー(日本)

 
過酸化尿素10% 増粘剤 酸化チタン等

認可
GO SMiLE ホームホワイトニング 1g ゴースマイル(アメリカ)

 
過酸化水素6% 増粘剤等

未認可(1回使い切りタイプ)
3D Crest ホワイトスリップス クレスト(アメリカ) 過酸化水素 未認可(シートタイプ)

 

 


歯の黄ばみ解消(歯を白くする)ビーグレンデンタルはここが違う

ホワイトニング坊や

歯の黄ばみを解消したい、歯を白くしたい方はビーグレンデンタルがおすすめです。
 
ビーグレンデンタルはココが違います。他社製品と比べてみてください。
 

1.過酸化尿素の配合量が違う
 
2.ポリリン酸とのW処方が違う
 
3.刺激へのサポートが違う
 
4.ホワイトニング後の白さをキープする力が違う

 
ビーグレンデンタルのトライアルセットは細かいアイテムがたくさんあるので、まとまるようにセットできます。使いやすいです。

ビーグレンデンタルのトライアルセット

 

7日分、1メモリ1日分でが使いやすいできてます。

ビーグレンデンタルのトライアルセット


歯の黄ばみ解消(歯を白くする)まとめ

ホワイトニング坊や

歯の黄ばみ解消(歯を白くする)には歯科医院に通うオフィースホワイトニング、ホームホワイトニングが主流です。
 
 
オフィースホワイトニングは安定感があり、面倒がありますが、通院する時間、場所の制約があり、また料金、費用面でもかなり高額になります。
 
一方、ホームホワイトニングは価格面で安いですが、自分でやらなばならず、面倒です。しかし、今は10分程度で済むホームホワイトニングもあり、かなりの時短になります。またビーグレンデンタルのホワイトニングはアメリカからの個人輸入なので、白さには定評があります。
 
日本では欧米と比較して、歯に対する意識は低いですが、今後は歯に対する意識は高まってきます。
 
一度、お試しとして、今年発売されたビーグレンデンタルホワイトニングをおススメします。
 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

>>最高水準ホワイトニングキャンペーンはこちら<<